So-net無料ブログ作成

放射線ホルミシス効果 [体の健康]

 このブログではラジウム鉱石を使用した健康法に触れることになります。富士山ニニギさんが広めた方法です。但し、ラジウム鉱石の使用方法以外は特に支持はしていません。その前に放射線ホルミシス効果つまり少量の放射線被ばくは体に良い(かも)ということについて簡単に触れておきます。

 この効果についてはあるとも無いともはっきりしていません。放射線ホルミシス効果をここで始めて知った人はまずwikiを読んでみてください。一応、次のYahoo知恵袋のトピック「自宅でラジウム鉱石を使って 温浴をしています」のベストアンサーが被ばく量の安全基準についてホルミシス効果を意識したうえでの回答として分かりやすい説明かもしれません。
-----<引用開始>----
実は、年間200ミリシーベルト以下の被爆では、「健康被害が見つかっていない」のです。あるかもしれないが、見つけることができない。これが現状です。そこで世界の放射線障害研究では、「健康被害は、あるかもしれないが、無いかもしれない。よくわからないが、安全のために、健康被害があると仮定しよう」という、LNT仮説という立場を取っています。その結果が「年間1ミリシーベルト」のわけです。
-----<引用終了>----
 年間200ミリシーベルトとはどの位でしょうか。実は福島県の南相馬市(原発から30~50km位)がこのくらいみたいです。「【参考】~「1時間あたりのマイクロシーベルト」で判断 ~ あなたの放射線環境 『危険度・超早見表』」「【参考】福島第一原子力発電所からの距離
 ですから「危険・危険・・・」と言われる関東・東北でも移住の必要性はないのかもしれません。但し、これはあくまで外部被ばくの話です。内部被ばくについては分かりません。一般的に移住は難しい人が大半でしょう。特に地震で直接的被害の無かった関東などの地域ですと家族に移住の話をしても取り合って貰えないとか住宅ローンやら仕事の関係やらでどうにもならない人が大半に違いありません。私もそうです。ですからこのブログでは除染の話もしていくことになると思います。

 放射線ホルミシス効果があると仮定すると、一見、関東や東北に居たら無害とかむしろ健康になると思う人もいると思います。可能性としては否定しませんが、ここは安全サイドを取るべきです。まず、内部被ばくの危険性が大いにありそうですし、ホルミシス効果そのものは証明された訳ではありません。

 これから少しずつ色々なお話ができたらうれしく思います。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。