So-net無料ブログ作成

パラサイトクレンジング [体の健康]

 「願いが叶う黄金の如意宝珠を探して!」さんの「がんの治療について(私見)」をヒントに寄生虫駆除をやってみました。

 「イベルメクチン(ストロメクトール)」という薬は個人輸入以外ではまず入手はできません。通常のクリニックではほとんど処方されない薬です。一般に寄生虫感染などおきてはいないという診断になるでしょうし見つけることもできない(見つけるという発想がそもそも医師にはない)からです。しかしその前になんでガンと寄生虫なのでしょうか?

 これは)記の記事にも引用されている「ガンは伝染する」笹川英資著でガンの原因は寄生虫であるということが述べられています。ほとんどの人は何をバカ言っているんだと思うでしょうし、この本はまさに陰謀論そのものの内容ですので、実際にこの本を購入した人のどの程度が真に受けたかも定かではありません。でも、もしこの駆虫ということでガンが治癒・予防できてしまうならばやっておかないという手はありません。ですので薬を個人輸入し、使用法に従い今月2週間毎に服用をしました。特に今のところ変化はありません。

 明日からフレッシュグリーンブラックウォルナット・ワームウッドコンプレックス を服用開始します。上記の「ガンは伝染する」で推奨されているハーブが「黒クルミ」「ニガヨモギ」「クローブ(丁子の実)」なのですが、この成分を全て含んでいるのがリンクを張った商品です。「食事前か就寝時(または両方)に、1/2〜2滴をジュースか水に混ぜて1日2回服用します。本製品は、2週間に渡って徐々に服用量を増やし、再び服用を繰り返す前に1週間使用を中断すると最善の結果が得られます。」と使用法にありますね。この1/2〜2滴はスポイト単位ですので間違えないように。

 ガンの他にも糖尿病とか様々な病気の原因が寄生虫と界面活性剤などの人工物の相乗作用で発症すると上記の本では主張しています(根拠の医学論文についても参照先として掲載しています)が、もちろん日本では全く認められていない学説であり、医師にこの話をしても相手にされないはずです。

 あくまで私の場合は効果の有無は不明ですが予防的にやっておこうというものです。効果のほどはもちろん分かりません。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。