So-net無料ブログ作成
検索選択

パラサイトクレンジング [体の健康]

 「願いが叶う黄金の如意宝珠を探して!」さんの「がんの治療について(私見)」をヒントに寄生虫駆除をやってみました。

 「イベルメクチン(ストロメクトール)」という薬は個人輸入以外ではまず入手はできません。通常のクリニックではほとんど処方されない薬です。一般に寄生虫感染などおきてはいないという診断になるでしょうし見つけることもできない(見つけるという発想がそもそも医師にはない)からです。しかしその前になんでガンと寄生虫なのでしょうか?

 これは)記の記事にも引用されている「ガンは伝染する」笹川英資著でガンの原因は寄生虫であるということが述べられています。ほとんどの人は何をバカ言っているんだと思うでしょうし、この本はまさに陰謀論そのものの内容ですので、実際にこの本を購入した人のどの程度が真に受けたかも定かではありません。でも、もしこの駆虫ということでガンが治癒・予防できてしまうならばやっておかないという手はありません。ですので薬を個人輸入し、使用法に従い今月2週間毎に服用をしました。特に今のところ変化はありません。

 明日からフレッシュグリーンブラックウォルナット・ワームウッドコンプレックス を服用開始します。上記の「ガンは伝染する」で推奨されているハーブが「黒クルミ」「ニガヨモギ」「クローブ(丁子の実)」なのですが、この成分を全て含んでいるのがリンクを張った商品です。「食事前か就寝時(または両方)に、1/2〜2滴をジュースか水に混ぜて1日2回服用します。本製品は、2週間に渡って徐々に服用量を増やし、再び服用を繰り返す前に1週間使用を中断すると最善の結果が得られます。」と使用法にありますね。この1/2〜2滴はスポイト単位ですので間違えないように。

 ガンの他にも糖尿病とか様々な病気の原因が寄生虫と界面活性剤などの人工物の相乗作用で発症すると上記の本では主張しています(根拠の医学論文についても参照先として掲載しています)が、もちろん日本では全く認められていない学説であり、医師にこの話をしても相手にされないはずです。

 あくまで私の場合は効果の有無は不明ですが予防的にやっておこうというものです。効果のほどはもちろん分かりません。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

除染をする(その2) [体の健康]

 1つ前の記事で重曹で体を洗い、歯を磨き、髪を洗うということを書きました。これにはもう少し意味があります。「界面活性剤」を避けるということです。シャンプーボディソープやシェービングフォーム・ジェルなど非常に多くの家庭用の何かしらには含まれている成分です。

 これを使用しても直ちに何か起こるわけではもちろんありません。状況を説明すると長くなるので割愛しますがシャンプーを誤飲してしまったことがあります。気持ち悪くはなりましたが病院に行くほどでもなかったです。それと経費毒という言葉も覚えてください。皮膚から様々なものが吸収されます。シャンプーなどに含まれる界面活性剤や香料なども例外ではありませんし、プールやら湯船のお湯に含まれる塩素などももちろん吸収されます。さらにシャワーを使えば塩素が気化し呼吸からも取り込まれます。

 これらは直ちには有害ではないのでしょうけれど長年の蓄積が有害の疑いが極めて高いと推定できます。例えばシャンプー等の使用をやめた結果アトピーが軽快するとかあるそうです。残念ながら十分な研究は行われていないようで私がエビデンスを出せる訳もないのですが、自然界に元々存在していない物質については体は対応していない、それ故に体内でどういう影響があるかは分からない。少ない組み合わせならば大丈夫とも言えるが様々な化学物質を食品・大気から吸収する我々には何が起こるか分からない、これが本当の感じが私にはします。

 よりサイキックにいくならば「言霊を手に入れる」という記事を別ブログで書きましたのでご覧いただければと思います。「祓い祝詞」で除染その他デトックスできる可能性があります(もちろんほぼ信仰の世界ですが)。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。