So-net無料ブログ作成

パラサイトクレンジング [体の健康]

 「願いが叶う黄金の如意宝珠を探して!」さんの「がんの治療について(私見)」をヒントに寄生虫駆除をやってみました。

 「イベルメクチン(ストロメクトール)」という薬は個人輸入以外ではまず入手はできません。通常のクリニックではほとんど処方されない薬です。一般に寄生虫感染などおきてはいないという診断になるでしょうし見つけることもできない(見つけるという発想がそもそも医師にはない)からです。しかしその前になんでガンと寄生虫なのでしょうか?

 これは)記の記事にも引用されている「ガンは伝染する」笹川英資著でガンの原因は寄生虫であるということが述べられています。ほとんどの人は何をバカ言っているんだと思うでしょうし、この本はまさに陰謀論そのものの内容ですので、実際にこの本を購入した人のどの程度が真に受けたかも定かではありません。でも、もしこの駆虫ということでガンが治癒・予防できてしまうならばやっておかないという手はありません。ですので薬を個人輸入し、使用法に従い今月2週間毎に服用をしました。特に今のところ変化はありません。

 明日からフレッシュグリーンブラックウォルナット・ワームウッドコンプレックス を服用開始します。上記の「ガンは伝染する」で推奨されているハーブが「黒クルミ」「ニガヨモギ」「クローブ(丁子の実)」なのですが、この成分を全て含んでいるのがリンクを張った商品です。「食事前か就寝時(または両方)に、1/2〜2滴をジュースか水に混ぜて1日2回服用します。本製品は、2週間に渡って徐々に服用量を増やし、再び服用を繰り返す前に1週間使用を中断すると最善の結果が得られます。」と使用法にありますね。この1/2〜2滴はスポイト単位ですので間違えないように。

 ガンの他にも糖尿病とか様々な病気の原因が寄生虫と界面活性剤などの人工物の相乗作用で発症すると上記の本では主張しています(根拠の医学論文についても参照先として掲載しています)が、もちろん日本では全く認められていない学説であり、医師にこの話をしても相手にされないはずです。

 あくまで私の場合は効果の有無は不明ですが予防的にやっておこうというものです。効果のほどはもちろん分かりません。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

除染をする(その2) [体の健康]

 1つ前の記事で重曹で体を洗い、歯を磨き、髪を洗うということを書きました。これにはもう少し意味があります。「界面活性剤」を避けるということです。シャンプーやボディソープやシェービングフォーム・ジェルなど非常に多くの家庭用の何かしらには含まれている成分です。

 これを使用しても直ちに何か起こるわけではもちろんありません。状況を説明すると長くなるので割愛しますがシャンプーを誤飲してしまったことがあります。気持ち悪くはなりましたが病院に行くほどでもなかったです。それと経費毒という言葉も覚えてください。皮膚から様々なものが吸収されます。シャンプーなどに含まれる界面活性剤や香料なども例外ではありませんし、プールやら湯船のお湯に含まれる塩素などももちろん吸収されます。さらにシャワーを使えば塩素が気化し呼吸からも取り込まれます。

 これらは直ちには有害ではないのでしょうけれど長年の蓄積が有害の疑いが極めて高いと推定できます。例えばシャンプー等の使用をやめた結果アトピーが軽快するとかあるそうです。残念ながら十分な研究は行われていないようで私がエビデンスを出せる訳もないのですが、自然界に元々存在していない物質については体は対応していない、それ故に体内でどういう影響があるかは分からない。少ない組み合わせならば大丈夫とも言えるが様々な化学物質を食品・大気から吸収する我々には何が起こるか分からない、これが本当の感じが私にはします。

 よりサイキックにいくならば「言霊を手に入れる」という記事を別ブログで書きましたのでご覧いただければと思います。「祓い祝詞」で除染その他デトックスできる可能性があります(もちろんほぼ信仰の世界ですが)。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

除染をする [体の健康]

 福島からの放射性物質がどうなっているのかさっぱり分かりません。大丈夫という人から極めて危険という人まで誰を信じて良いのやら。ですので安全サイドを取って除染に心がけています(放射線ホルミシス効果の記事でも少し書きましたが外部被ばくよりも内部被ばくのほうがヤバそうですね)。

 富士山ニニギさんはセシウムが(特に心筋に)蓄積されるのを防ぐためにタウリンの摂取を、またストロンチウムが骨に蓄積されるのを防ぐためにカルシウムもしくはストロンチウム(放射性ではないものがサプリで売っている)のサプリメントを摂取することを推奨しています。輸入物の方が(放射能汚染という点で)安全と思われますので、サプリンクスとかiHerbとかで購入して私も服用はしています。

 それと歯磨きには重曹を使用し市販の歯磨きは止めました。またお風呂で体を洗うときは重曹に多少の自然塩を溶かした湯を洗面器に用意しこれを体に塗りたくり髪を洗うのに使用しています。どうやらお風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れ2~30分毎日入浴するのが良いようなのですが、家族は放射能汚染には関心がなく理解を得るに至っていないため、石鹸替わりシャンプー代わりに使用している訳です。

 尚、これらは民間療法の域を出るものではありません。私自身、科学は苦手なので人の話なりを見聞きして、「あ、そうかな~」程度の理解です。心配な方はネットで検索するなり書籍を当たるなりして調べてみてくださいませ。


コメント(0) 
共通テーマ:健康

科学を信じるということ [ブログ]

 科学とは現時点で最も正しいということが証明されている、そんな気がしませんか?私もそれはそうだなとは思います。ですが科学は結構ウソをついているような気がします。例えば抗がん剤、本などを読むと最近は90%のガンには効かない、延命効果はほとんど期待できず、仮に延命したとしてもひどい副作用にかなりの確率で悩まされるという話をよく見聞きしますよね。「癌治療に隠された危険性!癌治療の副作用で大半の方は亡くなっている!? 毒ガスの成分が入っている抗癌剤!」「『抗がん剤は効かない』国立がんセンター認める ~中村獅童を使った第二次がん戦争~

 ではどうすればガンが治るのでしょうか?手の施しようの無い不治の病なのでしょうか?例えば、秋田県の玉川温泉でガンが治る人がいます。そういう話をすると私の友人の”科学信者君”達は偶然でしょ?運が良いだけでしょ?100発100中じゃないよね?みたいなことを平気で言いますが、2人に1人がガンにかかり3人に1人がガンで死ぬわけです。なので単純計算で6割の人は生きて病院を出てこないことになりますよね。玉川温泉の統計はわかりませんが(無いと思いますが)、似たようなものではないかと思ってます。もしかしたら温泉の方が治るかも。それに治療をしないガンの「放置療法」の方が苦しまず、かつ結果的に長生きだと言う話もあります。

 玉川温泉に限らずですが、医者も学者もこうした「科学的ではない」ものは研究をしません。だからわからないことが沢山あると思います。もっと言うならば今のガンの三大療法やそれ以上に儲かる治療があれば彼らは研究するでしょうしそうでなければしないと思います、というか予算自体がつかないように思います。今の科学の研究対象は儲かるか儲からないかが基準のように思えてしまいます。そうでなくともある事象について科学が証明するまで時間がかかるものは結構あると思います。ですから科学の証明を待ってはいられない訳ですが、"訳知り君"達は「科学が証明していないから」と平気で言います。

 ですが病気は待ったなし、科学的な証明は待っていられません。しかも個人的な経験から医師という人種はあまり信用が置けないと感じています。ですから治療方針とか聞いてもなんだかなぁですし、インフォームドコンセントとか言いながらも医師の好み(病院経営の事情かな?)を押し付けるだけの場になっていることはほぼ間違いないと個人的には思っています。

 患者は自分の望む治療が認められるべきです。そうは思いませんか?例えばホメオパシーとか聞くと非科学・カルトの代名詞みたいに言われますが、もし患者本人が希望するなら(本当に自発的に選んだならば)問題ないと思うのです。皆さんはどう思いますか?
コメント(0) 
共通テーマ:健康

ラジウム鉱石(姫川薬石)の使い方 [体の健康]

 ラジウム鉱石の中でも一般的になった姫川薬石の使い方を簡単にまとめますね。予めお断りしておきますが、ほぼオカルトです(笑)。科学とはとうてい呼べません。自己責任でお願いいたします。それとこの使い方は他のラジウム鉱石でも基本的に同じです。

1.姫川薬石には意思が(心が)ある。
 私は薬石苑というところで購入しましたが、基本は糸魚川の海岸(ラベンダービーチ)に拾いに行きます。なぜならばそこへいけば相性の良い石が見つかるからです。つまり、石に「呼ばれる」訳です。でもなかなか難しい人が多いでしょうから通販で購入してもまあ大丈夫でしょう(ベストではありません)。

 そしていざ使う段になったら特に最初の時は「自分の体を治療するよう」あるいは病気やケガとかが無いのならば「自分の知らない問題個所を治療するよう」石にお願いするか命令するかする必要があります。そうでなければ石は何もしてくれません。

もう、頭がクラクラしている人がいらっしゃることでしょう(^^;)

2.定期的に(できるだけ毎日、最悪でも月1回は)直射日光に当てる。
 石を充電するイメージでしょうか。石と石から放たれる放射線には生命情報が乗っています。これが人工と自然の放射線の違いです(別記事で詳しく説明したいと思います)。

既に科学から大きく外れているのがはっきり分かりますよね。プラシーボ効果かもしれません。それでも健康が増進されるなら良いではないですか?「有難い石」と思える人には効果があるかと思います。

3.使い方は以下の3通りが基本(特にラジウム水と風呂の2つが基本です)
 まず、石を水に入れて10秒~1分くらい経ってから飲むのを習慣にする(上限は無いと思います。最低でも1~2杯は毎日飲みましょう)。私はコーヒーやお茶をポットに入れて職場に持っていくのでそれに入れています。薬石を直接水に入れると不純物が溶出する恐れもあるので石の上に水を入れたコップを置いても良いそうです。そうしたコースターも売っています(拾うのが原則という説明とは矛盾しますが)。

 続いてお風呂に入れます。目安としては30分位は置いてから石を入れたまま湯船に浸かりましょう。ラドンが出ているので水面近くに顔を寄せ呼吸すると良いそうです(国民生活センターでは「風呂に入れるだけでラドン・ラジウム温泉になるとうたった商品」ということでこういう石を風呂に入れてもラドン温泉にはならない旨を述べています。科学的には国民生活センターの通りです)。重量では多い方が良いのかもしれませんが、私は2kg程を洗濯用ネットなどの網袋などに入れてます。専用の木箱なども売っているようです。

 最後に枕元やベッド周りに置いて寝ます。患部があればそこに当てたりと工夫して使いましょう。

 まず繰り返しますが。少なくても現代の科学の知見では説明はできません、というか迷信の部類に入ります。従って、病気やケガが治る民間信仰だと思っていただいて良いかと思います。こういうと富士山ニニギさんの見解とは異なります。この方は科学的発見だと主張されていますので。私のブログではあくまでニニギさんの「ラジウム鉱石の使い方」に限り支持しています。「姫川薬石と天の岩戸開き 生命の起源は巨大隕石の遺伝子情報だった!」というニニギさんの著書にラジウム鉱石の使用方法が詳しく載っています。またmixiでニニギさんは日記を公開しており、ここにも使い方を詳しく書いてらっしゃいますのでアカウントを作られても良いかもしれません。

 簡単にまとめると以上になりますが、別の記事でもう少し掘り下げたり、私の体験を書いたりしたいと思います。尚、富士山ニニギさんはガンを始め様々な難病(含む先天性)の治癒や再生医療すら可能であると主張しています。また、化学物質を分解するので添加物を無害化するなど放射能の除染を除くほぼすべての問題に対処できるとしています。一般的に言えば疑似科学にすらならない信仰というか迷信の部類になってしまいますよね。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

放射線ホルミシス効果 [体の健康]

 このブログではラジウム鉱石を使用した健康法に触れることになります。富士山ニニギさんが広めた方法です。但し、ラジウム鉱石の使用方法以外は特に支持はしていません。その前に放射線ホルミシス効果つまり少量の放射線被ばくは体に良い(かも)ということについて簡単に触れておきます。

 この効果についてはあるとも無いともはっきりしていません。放射線ホルミシス効果をここで始めて知った人はまずwikiを読んでみてください。一応、次のYahoo知恵袋のトピック「自宅でラジウム鉱石を使って 温浴をしています」のベストアンサーが被ばく量の安全基準についてホルミシス効果を意識したうえでの回答として分かりやすい説明かもしれません。
-----<引用開始>----
実は、年間200ミリシーベルト以下の被爆では、「健康被害が見つかっていない」のです。あるかもしれないが、見つけることができない。これが現状です。そこで世界の放射線障害研究では、「健康被害は、あるかもしれないが、無いかもしれない。よくわからないが、安全のために、健康被害があると仮定しよう」という、LNT仮説という立場を取っています。その結果が「年間1ミリシーベルト」のわけです。
-----<引用終了>----
 年間200ミリシーベルトとはどの位でしょうか。実は福島県の南相馬市(原発から30~50km位)がこのくらいみたいです。「【参考】~「1時間あたりのマイクロシーベルト」で判断 ~ あなたの放射線環境 『危険度・超早見表』」「【参考】福島第一原子力発電所からの距離
 ですから「危険・危険・・・」と言われる関東・東北でも移住の必要性はないのかもしれません。但し、これはあくまで外部被ばくの話です。内部被ばくについては分かりません。一般的に移住は難しい人が大半でしょう。特に地震で直接的被害の無かった関東などの地域ですと家族に移住の話をしても取り合って貰えないとか住宅ローンやら仕事の関係やらでどうにもならない人が大半に違いありません。私もそうです。ですからこのブログでは除染の話もしていくことになると思います。

 放射線ホルミシス効果があると仮定すると、一見、関東や東北に居たら無害とかむしろ健康になると思う人もいると思います。可能性としては否定しませんが、ここは安全サイドを取るべきです。まず、内部被ばくの危険性が大いにありそうですし、ホルミシス効果そのものは証明された訳ではありません。

 これから少しずつ色々なお話ができたらうれしく思います。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

はじまり、はじまり~ [ブログ]

 このブログでは何かと暗い話題が多い現代日本でどう生き延びていくかを考えていきます。まあ、私のやっていることを紹介したり日記にしたりという感じでしょうか。ジャンルは「健康」ということにしましたが、心身の健康に加えて「お財布の健康」つまり「お金」についても考えてみたいと思っています。

 私自身は極めて「抑圧的」な家庭で育ちました。いわば社会的常識・規範をガッチガチに擦り込まれた訳です。ですからホント自由に考えられず、世間常識に引きずられ、ブラック企業に捉まり病気になり、社会からドロップアウトしました。その後、自営業で社会復帰をし結婚もしという浮き沈みのある人生をたどり今に至っています。そこで気が付いたのは我々は間違いなく「ある目的」のために洗脳され続づけてきたということです。ですから心が健康であるためには「自由」でなければならないと思います。もちろん「完全な自由」とはなかなかいかないでしょう。そのバロメータが社会人であれば「お金」の出入り、特に収入であらわされる「豊かさ」だと感じています。それと体の健康も大事です。病気をして働けなかったことが数年ありました。いわば社会から捨てられた状態を経験した訳です。そういう経験から学んだことをシェアできればと思います。

 まだまだ発展途上、大したこともありませんが、これからだと考えています。このブログで色々役に立つお話が出来れば良いなと思っています。

コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。